MORE

1 3
CAMP
STOVES
FIRE
PIT
ACCESSORIES
CAMP
STOVES

01

STORY

ソロストーブについて

構造図

HOW IT WORKS

構造図

HOW IT WORKS
01 空気の流れ

熱された空気の上昇と燃焼による酸素の不足によって、底部の通気孔から空気が吸い込まれます。この空気の流れにより燃料を燃やし続けることができ、同時に高温になった空気を押し上げて燃焼室上部の通気孔から噴出させ続けることができます。

02 灰皿

灰を溜めて上昇気流を妨げないようにすると同時に、熱が直接底面に伝わらないようにして地面が焦げるのを防ぎます。

03 ニクロムワイヤー網

燃えている燃料に下から直接酸素を供給することができ,灰も落とすことができるので、燃料をより早くより高温で燃やすことができます。

04 2次燃焼

燃焼室上部の通気孔から排出された熱された空気が炎となり、より完璧な燃焼すなわちより高い温度でより煙が少ない燃焼をうみだします

05 クッキングリング

上に乗せたポットの中心を効率よく熱することができ、炎に空気を供給しながら風防としても機能します。またクッキングリングをひっくり返して本体内部に収納することができます。

New Multi Stove How to
Solo Stove Lite
Solo Stove Campfire
Bonfire flames

MORE MOVIES

02

NEWS

ソロストーブのお知らせ

MORE NEWS

03

PRODUCTS

ソロストーブの商品

CAMP
STOVES

軽量でコンパクトな”ライト”から、中サイズの”タイタン”、ファミリーキャンプなどで活躍する”キャンプファイヤー”まで3サイズがラインナップされており、プレミアムグレードの304ステンレススチール製の1ピース構造による強固な耐久性を備えています。また、独自の2重壁構造により燃焼効率が非常に高く、少量の燃料でも強い火力が得られることが最大の特徴です。

ALL PRODUCTS

FIRE
PIT

2017年に販売を開始したボンファイヤーは直径約50cmの焚火台です。ソロストーブ独自の2重壁構造からもたらされる高い燃焼効率により、燃料が白い灰になるぐらいまで完全に燃焼することで煙を最小限に抑えることができる、他に類を見ない焚火台です。

ALL PRODUCTS


ACCESSORIES

ソロストーブを内部に収納できるポット類やウィンドスクリーン、トライポットなどソロストーブと合わせて使用できる便利なアクセサリーです。

ALL PRODUCTS

04

HOW TO

ソロストーブの使い方
01 乾いた小枝や火口を集める

小枝をたくさん集め親指の長さ大(5〜8cm程度)に折ります。乾いた小枝や火口は湿った木材よりも必ずよく燃えます。

02 平らな場所を見つける

平らな場所で風が強すぎないところにソロストーブを設置してください。ウインドスクリーンをお持ちの場合は、追加の風防としてソロストーブの周りに立ててください。

03 周囲の地面をきれいにする

安全に使用する為、ソロストーブの半径1.5m以内の地面に落ちている小枝や枯葉、雑草などを取り除きます。

04 クッキングリングを取り出す

本体内部に収納されているクッキングリングを取り出します。そうすることで本体内部で燃料となる小枝を組み上げ安くなり着火準備を整えることができます。

05 ストーブの中で着火します

乾いた小枝や火口を使用し、本体内部で着火してください。

06 クッキングリングをセットする

火が安定してきたら本体上部にクッキングリングをセットしてください。

07 調理,湯沸かし,
ロースト,パーコレート

好みの携帯用行動食を用意し、ホットドリンクをいれたりマシュマロをローストしたりして楽しんでください。